リラックスし過ぎもマズイ?

ここ最近、自律神経症のテーマを書きましたが意外に反響が多いですね(*^^*)

今までを若干まとめると、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」とで成り立っていて、交感神経は興奮などで活性化し、副交感神経はリラックスで活性化します。

そして、この二つの神経がシーソーの様に微妙に入れ替わりながら、バランスをとって拮抗する事が大事なんです!とお伝えしてきました。

 

???????

 

こんな質問が来ました・・・・

「じゃあ、リラックスのし過ぎもアカンの?」(関西弁)

 

意外かもしれませんが、答えは「はい」です。

 

副交感神経の優位が続くといわゆる「疲労」に関しての免疫が低くなります。

結果・・・・

疲れやすい・・・

やる気が出ない・・・

小さな事が気になる・・・

落ち込みやすい・・・

体温が低い・・・

など、様々な悩みが出てくるのです。

 

どうでしょう?覚えのある人も多いんじゃないでしょうか?

実際、当院に受信される方の4割はこの要素を含まれてるように感じます。

しかしながら、過剰なリラックスの反作用は意外に知られてない現実です

 

世知辛くストレスの多いこの世の中では「交感神経」が活性化しがちです。

しかし、本人や周囲が意識しすぎると逆のシステムに働くこともある訳ですね。

なんでも、ほどほどに・・・(^_^;)

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

 

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

 

自律神経と免疫について

私達の身体を病気から守ってくれているのは免疫機能というシステムです。

そして、そのシステムの主役は白血球です。

白血球は大きく顆粒球、単球、リンパ球に分かれますが、顆粒球は細菌に作用しますし、リンパ球はウィルスや腫瘍細胞などを攻撃、排除します。

そして、顆粒球は交感神経、リンパ球は副交感神経と、それぞれ自律神経の支配を受けております。

ちなみに顆粒球は活性酸素を放出して細菌などを攻撃しますが、粘膜や組織を破壊する力も持っています。身体がストレスを受けることで交感神経が優位になると顆粒球が増加し、化膿性の炎症を悪化させたり、炎症をつくります。たとえば、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、歯槽膿漏、膵炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などです。

そしてこの自律神経は昼夜、晴雨などでも変化(ちなみに昼・晴れで交感神経、夜・雨で副交感神経)するなど微妙な変化を常にすることで身体の免疫システムのバランスを計ろうとしているわけですね。

つまり!

ストレスなど現代の複雑な刺激に対して、何とか私たちが対応できているのは、柔軟に変化するこのシステムに頼っているところが大きい訳です。

万一、これらストレスにプラスして、過労や寝不足や飲食の不摂生などが重なれば免疫システムがダウンする可能性もある訳です。

 

そして、東洋医学ではこれらを「不内外因」と呼んで諌めつつも、不内外因とそこから発生する自律神経症に対して、高度に発展した鍼灸治療システムを古くから確立していた訳です。

 

自律神経症は決して現代特有の病ではありません!

 

そして、古代から確立した自律神経治療の確固たるシステムを、正確に再現できるのはその分野を日々追求している伝統鍼灸師しかありません!

 

きちんとした、医学的情報を踏まえたメンタル専門鍼灸師の治療が如何に有効か?

 

その所以は・・・こんなところにもある訳です!

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

 

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

 

 

アレルギーや喘息と自律神経の深い関係

意外に知られてない事なのですが・・・・

 

実はアレルギーやぜんそくも自律神経と深い関わりを持ってます。

 

この2つの病気は副交感神経優位の状態で発症・悪化するのですね。

副交感神経は睡眠時などに働く神経です。

夜間の喘息発作やアトピー発作もこのためです。

そして、切り札の「ステロイド薬」は実は体内ホルモンと同じ役割をする薬なのです。その役割はズバリ「交感神経」の活性化なのです。

つまり、副交感神経優位で発症した疾患を、交感神経優位にシーソーバランスを変えて、症状を抑えるという事です。

 

言い換えれば、正確な治療をしながら、神経バランスを意識した鍼灸治療を行えばステロイド使用量は劇的に下げることが可能になる訳です!

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

 

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

病院で自律神経症って言われたんですが・・・

私が治療家として開業し始めた15年ほど以前と比べまして、最近の患者様が多く口にされる病名の一つが表題の「自律神経症」って疾患です。

多分最近テレビのメディカル系バラエティーなんかでもよく出てくるので、そのせいもあるのかもしれませんね?

では、一体どんなんなんでしょう?

自律神経症(失調症)とは、生命活動の維持や調節を行っている自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れたときに起こる病気です。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と定義されています。不定愁訴とは、「頭痛」、「イライラする」、「倦怠感」、「不眠」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるけれども、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指します。つまり、自律神経の機能障害によって心身にさまざまな不調が現れた状態で、検査しても臓器や器官に病的変化は認められない、という意味になります。

しかしながら、実際の医療現場ではあいまいな事も多く、医師によって診断も治療方針も一定していないのが現状です。そのため、病院の検査で異常が見つからない、原因が究明できない場合などに、患者さんを納得させるために「自律神経失調症」であると診断されてしまうこともあるようです。

気を付けないといけないのは、自律神経失調症と診断された患者さんの中には、神経症やうつ病、または別の病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。

 

環境や季節の変化、ストレスや疲労などが原因で身体の内部環境のバランス(こういうのをホメオスターシスって言います)が崩れるのが原因ですが、こういう要因は「うつ」や「神経症」など別の病も誘発するのですね。

 

大事なことは専門医による正確な診断と、メンタル専門鍼灸師による根治治療と言えます。

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

 

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

 

ツボって何?パート2

前回は5000年前には既に存在・認識されていた?なんて話をしましたが、そもそもツボってなんなんでしょう?

まず、名称ですが専門的には「経穴」って呼び方をします。

WHO(国際保健機構)では人体の生理機能、病理変化が体表面のある特定な場所に表れる敏感点及び反応点として考えられており、鍼灸の刺激点として理解されてます。

更に踏み込むと、西洋医学においては経穴とは内臓の異常がある一定の離れた場所に表れる現象、つまり生理学的専門用語では内臓体壁反射を軸に考えてます。

また、例えば「腰が痛ければ痛い辺りに鍼をする」なんて考え方もあります。

これは「阿是穴」と言って、押して反応のあるところに治療する比較的シンプルなやり方です。

そして今、日本で受けられる鍼灸の大半がこのタイプの治療になります。

治療の対象は基本的に肩こりや腰痛など整形外科的な疾患が対象です。

そして、これら上記の考え方は鍼灸医学の歴史の中では非常に新しい世界観の話になります。

 

一方で、非常に数は少ないのですが、現代日本において伝統鍼灸学を追及・研鑽してる鍼灸師もいます。

 

彼らは鍼灸医学の原点を意識し、歴史上の偉大な天才・名人の残した医術書から現代に合わせて治療のヒントを得ようと模索してます。

それらによれば、経穴は「星」のような存在で、星を結んだ星座のような存在が人体には複数存在するお考えてます(○○の拳のケン○ロウを彷彿させますね(^_^;))

そして、複数の星座は互いに干渉しあい、星座のなかの星々も干渉しあいます。

さらに重要なことは星・・・つまり経穴の中にも世界が広がってるという事です。

ツボの中の世界観に着目し、脈診など診察で得られた情報と照らし合わせて、初めて診断・治療を行うわけです

皆様の身体にあるツボは決して「点」のような存在ではなく、ましてやたまたま出てきた反応などではありません。

5000年前のミイラ、アイスマンさんの世界もきっとこんな価値観で治療されてたのではないでしょうかね?そうじゃなきゃあんなところ(ツボ)選ばないかも・・・

ロマンですね~(*^^*)

それではまた!

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

 

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

西宮 の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

 

 

 

年末年始及び十日戎の営業について

いつも大変お世話になっております<m(__)m>

 

内田古訓堂の年内の営業についてのご案内ですが・・・。

 

年末年始と十日戎の期間は下記変則営業日で営業させて頂きます<m(__)m>

12月28日まで・・・・・・・・・・・・通常営業

12月29日(火)・・・・・・・・・・・営業(午前診のみ)

12月30日~1月4日・・・・・・・・・・休診

1月5日(火)~1月7日(木)・・・・・通常営業

1月8日(金)・・・・・・・・・・・・・営業(午前診のみ)

1月9日(土)~1月11日(月)・・休診

1月12日以降・・・・・・・・・・・・・通常営業

以上

初詣及び十日戎のため、このような変則シフトとなりました(*^^*)

くれぐれもお間違え無きように、よろしくお願い申し上げます

 

日頃、お仕事でなかなか御受診できない方・・・・

是非、年末のひと時を御自身のために使われてみては如何でしょうか?(*^^)v

 

不眠の方や、多忙やストレスで疲労感が抜けない方・・・

肩こりや腰痛はもちろん、うつや倦怠感、神経症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる悩みは、日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

 

 

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

ツボって何?パート1

先日、患者様からこんな質問を頂きました・・・

「ツボってなんですか?」

 

ドキっ!!!

 

実にシンプルな質問ですが、核心過ぎて即答に悩んじゃう鍼灸師も多いんじゃないでしょうか?(^_^;)

約2000年前に中国で存在した鍼灸医学の原典である「黄帝内経」という医典には総数で160が挙げられてますが、その250年後の明堂経では一気に349になっており、現在の355~360とほぼ変わらなくなってます。

ちなみに鍼灸医学の沿革で行くと、この「黄帝内経」をもって東洋医学の原点とする・・・すなわち中国が発祥ということになってますが・・・

先年ヨーロッパのアルプスで発見された冷凍状態の5000年前のミイラには、現在のツボとほぼ変わらない位置に入れ墨が入ってました。

入れ墨そのものが治療、もしくはなんらかの治療の目印にしたのではないでしょうか?

この事実から行くと歴史は大きく変わるかもしれませんね(ちなみに入れ墨は腰痛に効果があるツボが中心でした、実際にミイラのMRI画像では「腰部脊椎すべり症」が確認されてます)(^_^;)

ツボって不思議ですね(?_?)

次回は現代におけるツボの正体と今後の未来?について、お話ししますね(*^^*)

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

 

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

 

 

 

日本人は休むのが下手!?③

前回の続きなのですが・・・

いざ目をつぶっても頭が冴えて眠れん!なんてことありません?

実際目を瞑るという状態と脳の休息にはタイムラグや齟齬が生じ易いものなのです。

僧侶の座禅は目を半眼(仏様の眼は大抵これです)にされますが、これはなまじ目を瞑ると返って雑念がわいてくる(覚醒する)という意味もあるそうです。

つまり、目を瞑る=即休息、という訳でなく、場合によっては何かのステップが必要になるという訳です。

ここで皆様のお役に立てそうなのが、先日お話した、アメリカセドナのネイティブのエピソードです。

彼らは音楽をする時(私も下手ながらインディアンフルートをやりました)や瞑想する時、やはり半眼でされます。

ただ意識して半眼になるというより、「瞼の裏の瞼」を落として「無」になるそうなのです。

「無」=「睡眠」は違うでしょうが、リラックスという点では究極でしょうし、参考にはなると思います。

「瞼の裏の瞼」とは解り難い表現ですが、要は単に目を瞑るという行動ではなく、「瞼の裏」つまり脳の活動を強制的に止める一つのイメージ手法だと考えてます。

実際に寝ても、夢ばっかり見てるような気がする・・・朝目覚めた時は、ちょっとしんどいですよね

生理学的なお話ですが、睡眠には「レム」と「ノンレム」という状態があります。レムは身体は休んでるが脳は活動してる状態。ノンレムは両方休息してる状態です。

この二つはそれぞれに意味があるので両方大事なのですが、脳科学的にはノンレムにおける脳の休息は非常に大事です。

まして、ストレス社会の最前列で晒されてると感じてる方なら、心療内科的にみても尚更です。

安易に薬やお金に頼らず、先人や賢人達の手法を上手に取り入れたライフスタイルを構築する事は、豊かな人生を送るのに絶対に有利だと庵主は考えております

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

 

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

 

日本人は休むのが下手!?②

さて今回は前回に引き続きまして、休息についてお話ししたいと思います。

皆様はお布団に入る前はどの様に過ごされてますか?

テレビを見てから寝ます・・・30代女性⇒なるほどね

スマホしてます・・・40代女性⇒そっか~

毎晩浴びるようにお酒を飲んでから、寝ます・・・40代男性鍼灸師⇒論外ですね(≧▽≦)

 

結論から言いますが、ポイントは灯りにあります。

人の歴史から見て「スイッチぽん」で灯りがつくようになったのは、本当に最近の事です。

昼間から夕暮れがあって夜の闇が落ちる・・・これが自然です。

夕暮れからスイッチの灯りでもう一度昼間に戻して、寝る前にカットアウトで闇に戻す。これは明らかに自然の理に反してます。

東洋医学における陰陽の考えでも、あんなおたまじゃくしが向かい合った形になってるのは、スパンと真っ二つの分けるよりも移行の過程こそが大事と考えるからです☯

そこで!!提案です(*^^*)

スマホもテレビも明々とした照明もオッケーです。

ただ寝る前の30分間は夕暮れ、もしくは昔の囲炉裏の灯り程度で過ごしてみる。

例えばロウソクの灯り(最近は電池のロウソクも本当にリアルです)なんか良いでしょうし、大手家電メーカーさんはこの辺りを意識した睡眠前用照明を結構提案し出し始めてますよ。

そして、いざ寝るタイミングでは一つ良い方法があります。

実際にはアメリカのセドナでネイティブの方のヒーリングセミナーに参加した時に教わった方法です。
今回もちょっと長くなったので、次回にお話しますね(*^^)v

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

 

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v

日本人は休むのが下手!?

心療内科系が専門の当院に来院されてる患者様に、治療後のアドバイスとして庵主がおかけさせて頂く言葉に「ゆっくり休んでくださいね!」が、よくあります。

毎日の生活の中の休息・・・皆様が真っ先に思いつくのは「睡眠」ではないでしょうか?

これ!半分正解です(*^^)v
と言うのも、当院に来院されてる患者様の中でアンケートした結果、「いつも睡眠は十分に確保出来てる」された方の90%以上の方が目覚めや日中の活動に眠気や倦怠など問題を感じており、詳細に聞き取りをしてみると、そのほとんどの方が上質とは言い難い睡眠ライフサイクルを送ってることが分かったのです。

その問題とは!

ズバリ睡眠前の行動にありました。

次回は、その問題行動と具体的な改善策についてお話ししたいと思います。

 

肩こりや腰痛はもちろん、うつ病や倦怠感、神経症・心身症やパニック障害、薄毛や脱毛、アレルギーや喘息、自律神経のアンバランスからくる更年期障害・不眠症など、ストレスや自律神経からくる症状でお悩みの方へ・・・

日本人が伝統的に頼ってきた素晴らしい治療法で解決してみませんか?

 

 

一度気楽にご相談ください(*^^*)

 

きっと世界観が変わると思いますよ!(*^^)v

 

西宮市内はもちろん!芦屋・伊丹・宝塚・尼崎・大阪市内・神戸などからも交通・アクセスで便利な・・・・(*^^)v

西宮の鍼灸院 内田古訓堂でした(*^^)v